熊本地震の義援金5400万円追加=3市長は給与1カ月分―台湾 !!

台湾外交部(外務省)は16日、熊本地震を受け、日本政府に50万米ドル(約5400万円)の義援金を送ると発表した。

同部は15日に熊本県に対する1000万円の義援金を発表したが、被害拡大を受け、馬英九総統の指示で増額を決めた。

日本政府の求めがあればいつでも出動できるよう救援隊も待機させているという。

柯文哲・台北市長は「台湾の過去の災害で日本の友人は最大の協力をしてくれた」とフェイスブックに書き込み、支援の意向を表明。林佳龍・台中市長頼清徳・台南市長陳菊・高雄市長給与の1カ月分を寄付し、市に義援金を募る窓口を開設する考えを示した。

一方、5月に蔡英文主席(党首)が総統に就任する民進党は100万台湾ドル(約336万円)の寄付を決めた。

熊本地震の義援金5400万円追加=3市長は給与1カ月分―台湾

広告

投稿日: 2016年4月17日 | カテゴリー: 晴風音 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中