三菱重工がUAEドバイから火星探査機の打ち上げを受注!!

打ち上げ回数が少ないため、ロケットの大量生産によるコストダウンができず、信頼性も確立できず、さらにロケットの製造や運用を担う工学者や技術者の育成も難しいという、厳しい状況が続いた。

今後、日本のロケットが商業打ち上げ市場に食い込み、官需衛星も含むあらゆる衛星を、安定して宇宙に打ち上げ続けるためには、これまで以上に国からの金銭面、インフラ整備などの面での支援が必要であろう。

三菱重工がUAEドバイから火星探査機の打ち上げを受注!!苦闘を続けてきた日本のロケットビジネス – ハーバービジネスオンライン

広告

投稿日: 2016年4月13日 | カテゴリー: 晴風音 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中