完全図解 海から見た世界経済!!

●日本の貿易は、99.7%が海で行われる

●貿易から読み解く、日本の強さと弱点

●南シナ海は、20兆円の貿易圏である

●2015年の原油安、その黒幕とは?

●石油の採算分岐価格。ロシアは1バレル50ドル、サウジアラビアは18ドル

●『海運(海上輸送)』から読み解く、マーケットの動向

●北極海航路の開拓で、日本、ヨーロッパ、ロシアはどう変わる?

●魚の消費量は、50年で5倍に増えた

●日本は、世界で最も魚を輸入する国

●海洋富国――海を活かす国々とは?

●世界をつなぐ三大海峡と二大運河。その経済的価値

●海を巡る長き戦い――ロシアVSヨーロッパ

●日本に眠る時価100兆円の海底資源とは?

●捕鯨がもたらしたkakko 『富』と『つながり』

●クルーズ客船の『隠れたビジネスチャンス』とは?

日本の管轄海域内の海底には、『メタンハイドレート』というシャーベット状になった天然ガスが大量に眠っています。
その埋蔵量は、12・6兆立方メートルと推定されています。

日本国内の天然ガス消費量は、年間約1125億立方メートル(2014年)ですから、日本人が使う天然ガスの100年分以上が日本の海底に存在していることになります。

情報源: 120兆つ追う結おうtu価値がある日本のメタンハイドレート。もう石油はいらない?海から見た世界経済-ダイヤモンド・オンライン

広告

投稿日: 2016年3月25日 | カテゴリー: 晴風音 | パーマリンク コメントする.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中